Lipidure(リピジュア)って、やっぱりすごかった

Lipidure(リピジュア)って、すごい!」じゃないですが、いろいろWEBで検索してたら、本当にすごいんだなぁと実感しました。そんな記事をやっぱり紹介しておきます。

日油株式会社:未来マテリアルリピジュア

ここ読んでると、ヒアルロン酸と同じくらい効果があるって書かれてて、おぉ〜っと思っちゃいました。水洗いしても落ちにくいっていうのは、体感できてますしね。中北薬品の「ハンドローション N」にはポリクオタニウム-51という成分表示がされているから、日油株式会社のLIPIDURE-PMBっていうのが該当するようですね。ヘアケア製品にも・・・と書かれているので、そのような商品があったらぜひ試してみたいなと思います。

そうそう、職場で私が効果のほどを話したら、自分も含めた職員7人中6人がお買い上げという事実(笑)。もちろん職場でみんなが使用する分も1本お買い上げ。私の本業は何だったっけ?と笑っちゃいましたが、マジすごいので、セールスマンのように力説したからでしょうか?

「ハンドローション N」の値段ですが、たぶん2,000円あれば購入できるんじゃないかと思います。290ml入っていて、1プッシュ0.5mlだから、約580プッシュ使える計算となります。そう考えたら、かなりお安いんじゃないでしょうか?

Lipidure(リピジュア)って、すごいよ!

先月下旬より、肌荒れの季節がやってまいりました。乾燥・敏感肌の私にとって、手荒れどころか、ご老人のように腕や下肢の乾燥が激しく、かゆくて掻きむしったところが赤くブツブツになり、悩まされていました。いつもなら、ヒルドイドソフトやヒルドイドローションを使い、掻きむしって赤くなったところにはリンデロン-VG軟膏を使ってしのいでいました。どれもこれも症状は改善してだいぶ楽になるものの、ベタつきが許せないんですよね。そして、リンデロン-VGは効くといってもステロイドだからよく効くだけであって、しょっちゅう使わないように気をつけたりしないとダメですからね。

ところが先月後半、素晴らしいものに出会いました。仕事場にいつものMS(Medical Marketing Specialist)さんがやってきて、「今度新商品のローションを発売したんですけど」とこの「ハンドローション N」の紹介があり、今年も乾燥に悩まされていた私には、直感的にビビッとくるものがあったのです。トレハロースやグリチルリチン酸ジカリウム、オリーブスクワランという言葉にはたいして惹かれなかったのですが、初耳の「Lipidure(リピジュア)」という、うるおい成分を聞いて、とにかく試してみたいと思ったので、即1本注文しちゃいました(笑)。

<いつも紹介してくれる商品にはあまり見向きもしない私が、このローションに飛びついたので、いろいろ話をしてくれました。もともと医療従事者向け、とくに看護師さん向けに開発された商品だそうです。看護師さんはしょっちゅう手を洗うから、確かに手が荒れそうですよね。で、なんと、このリピジュアは、人間だけでなくペットにも使われてるらしいのです。先日、TVで犬や猫の肉球にリピジュア含有商品を塗ると、肉球が保護され、いい状態を保てるという内容だったそうです。そんなことから、この「ハンドローション N」も動物病院に納品され、普通に売られているとのこと。これには、本当に私も驚きましたが、よくよく考えればペットも人間も、単なる陸で生活するほ乳類という動物ですよね。ペットの肉球は、人間の肌の3〜5倍も乾燥しやすい敏感肌なんだそうで、こういう商品が売れるのも納得しちゃいました。

翌日、1本納品され、そのまま私がiDでお買い上げ(笑)。帰宅して、寝る前に早速使ってみました。ハンドローションだけど、手に塗って大丈夫ということは、足や腕に塗っても大丈夫だろうという、自己責任において、あちこち塗ってみました。1プッシュで両足の足首から膝下までうっすら伸ばすことができました。素早く塗り広げ、軽くマッサージするような感じでなじませると、あるところから急に吸い込まれるようにさらっとした感触に変わります。薄いコーティングがされたような感じになりますね。両腕の手首から肘周辺にも1プッシュで十分すぎる量なので、ついでに二の腕のあたりまで伸ばしてちょうどいい感じです。最後に1プッシュで指先・爪の際から手首にまでたっぶりめによくなじませました。

翌朝、目覚めて驚いたことは、腕や足のかゆみが止まってるじゃないですか! 寝ている間に掻きむしらずにすんだようで、掻きむしった赤い部分も色合いが薄くなっていました。まさか、ステロイドでもあるまいし、そこまで効果あるとは信じがたいものの、気のせいでも何でも症状が軽くなり、うれしかったですね。出勤前には1プッシュより少なめの量を両手に塗り、30秒くらいマッサージしてると、本当にさらっとした感触で、携帯やiPodさわっても、指紋が目立たないくらい、さっぱりした使い心地です。水で手を濡らしてもヌルツキはあまりなく、水で洗い流されてしまうのも最小限ですむのか、うるおいは持続しました。紙やビニール袋の取り扱いがらくらくこなせて、仕事もはかどります(笑)。

みなさんも乾燥肌で悩んでいらっしゃるなら、リピジュア配合のものを試してみるといいですよ! 今回ここで紹介した「ハンドローション N」はクリニックや調剤薬局など、中北薬品さんが出入りしているところで手に入れることができると思います。中北薬品さんのサイトでも、製品紹介のところから、商品の紹介がなされていますね。

最後に、上記内容を読めばわかるように、私は中北薬品には勤めておりませんが、いい商品なのでBlogで取り上げてみました。無香料、無着色、無鉱物油、弱酸性、アルコールフリーなのも、気に入ってます! ローション NのNって、中北のNなのかな?

今井翼のフラメンコ見てきました

3週間ぶりにWorld’s Wing 翼 Premium 2007を見てきました。10/27(土)の夜公演だったので、台風とともに上京するような形になってしまい、無事日生劇場までたどり着けるか不安だったものの、なんとかたどり着けました。傘の骨は折れちゃったけども・・・。

10/28(日)の昼公演が千秋楽となるため、今回見た公演は前楽でした。3週間ぶりに見た翼は、かなり痩せていて、いつも以上に目が大きく見えて、すごんだ表情すると迫力ありすぎて怖いくらいでした。髪の毛は短めなんですが、とってもいい具合にブローされていて、完璧! 気合い入りまくり、踊りまくりの翼は、やっぱり最高ですね!

この公演は、かなりいい席で見ることができ、肉眼で汗が首から胸元を伝って流れていったり、腹筋や肋骨の動きがわかったり、二の腕の筋肉や腕から指先へ走る血管などもよく見えました・・・。ライト当たってるからより浮き上がって見えるんでしょうけど、リアルすぎます(笑)。しかし、人間は鍛えると、短期間にあんなに脂肪が落ちるものなのかと感心してしまいました。いかに私たちは怠けた生活をしているのか反省させられます。

もう、よく見えすぎて、しっかり見納めなくてはと思うあまり、何が何だかよく覚えてないような覚えているような・・・。第1幕で印象的だったのは、一番最後のアフリカのドラム演奏でしょうか? 最初の頃の公演より、より力強く、リズム感も増し、後ろ情報のシンバルを叩くのも完璧な場所をバシリと打てていて、とっても上達してました。なんでしょう、シンバルまでの目測の取り方が、慎重かつ音楽の流れに沿って上手に行えているような気がしました。バチも交換しないまま最後まで演奏できていたのかな? 下から見上げる状態だったので、はっきりとはわからなかったけど・・・。45分間はあっという間に過ぎ去ってしまいました。

第2幕は、待ってました!とばかりにフラメンコから始まりました。そう、これを見るためにまた日生劇場にやってきたと言っても過言ではありません。フラメンコって、基本的に6/8拍子だし、途中で曲調やテンポが大幅にガラッと変わったり、初心者にはよくわからなかったりするのですが、それでもつま先やかかとで床を踏み鳴らしてリズムをとる(サパテアード)、手の動き(ブラッソ)は堪能することができました。個人的には、両手で足を高速にパチパチ叩く仕草が気に入りました。その叩くときも手首指先のしなり具合が翼らしくていいのです。あとはスペインの流れで定番の「アンダルシアに憧れて」ですが、こちらも言うまでもなく満足です。千年メドレーも個人的に衣装も踊りも気に入ってます。見てる観客まで息するの忘れそうなくらい、見入ってしまう人も多いはず・・・。

あと、この第2幕の挨拶でわかったのですが、東山紀之さんと堂本光一くんが見にいらしてました。GC席にいたのでしょうか? さぞかし翼も緊張して演じていたことでしょう・・・。お二人の目には今の翼はどのように映ったのか正直聞いてみたいなぁ〜。

無事、千秋楽も終わったようで、本当に翼、Jr.のみんな、ダンサーさんやスタッフさんたち、お疲れ様でした。とてもいい舞台を見せてもらえて本当に感謝しています。次は、タッキー&翼のクリスマスコンサートかな?

記念にチラシと会場の紙吹雪ならぬ翼吹雪と銀テープを載せてみました。

26歳の誕生日おめでとう!

というわけで、10/17はめでたく今井翼の誕生日ですね。誕生日のWorld’s Wing Premium 翼 2007のチケットは倍率が高く、残念ながらはずれてしまいました・・・。でも、きっと熱いファンみんなに祝ってもらえることでしょう。あぁ、早く後半の公演を見に行きたいっ! 新しくなった衣装もチェックしたいし、なによりもフラメンコが見たい〜! それから、ベストアルバムも今晩届く予定なので、特典DVDが楽しみです。

フラメンコ復活おめでとう!

先日のエントリにも書いた、今井翼のダンス公演「World’s Wing 翼 Premium 2007」ですが、火曜日からフラメンコが復活したようですね! うぅ〜、フラメンコ見たかったけど、なにはともあれ復活おめでとう! 某掲示板でフラメンコが日生劇場でお披露目されたことを知り、うれしさのあまり親指の側面を壁にぶつけてしまい、紫色に腫れ上がりました〜。人の事いう前に自分のがおっちょこちょいで情けない! 私は生でフラメンコが見れなかったけど、お披露目できるくらいまで翼の状態が回復したことが本当にうれしいので、指の腫れもよしとします。

実は10/6(土)の夜の公演も見てきたんですけど、初日に比べてずいぶんと踊れていたので、フラメンコ復活も近いだろうなぁ〜とは思ってたんです。でも、まさかこんなに早く復活とはビックリです! フラメンコがなくても十分満足できる舞台ですが、やっぱり今回一番の見せ所はフラメンコかな?と思うので、早く生でフラメンコ見たいよぉ〜。

5周年記念のベストアルバム予約しました。タキツバベスト(初回限定生産盤・ジャケットA)(DVD付)タキツバベスト(初回限定生産盤・ジャケットB)タキツバベストと3種類発売されます。はい、もちろん3枚とも予約しましたよ〜。DVD楽しみだなぁ!

World’s Wing 翼 Premium 2007

今井翼のダンス公演「World’s Wing 翼 Premium 2007」が日生劇場で始まりました。というわけで、早速初日の公演を見てきました。

まずは、劇場に貼ってある、宣伝用のポスターがっ! ヤバイ、やばすぎます。そんな立ち姿を見せつけられたら、写メっちゃうしかないじゃないですかっ! 会場前のファンの方々は、修学旅行の生徒達のように、行儀よく順番に並んでそのポスターを写メる、写メる(笑)。翼さん、あなたは超一流マジシャンですか?てな感じのキメポーズで、今にもふわっと踊り出しそうです。

会場内に入り、グッズ売り場も超混み混み。あまりの混雑ぶりで、並ぶのはあきらめましたが、背伸びしてポスターだけはチェックしましたよ(笑)。正直ポスターほしいと思ったのですが、買ってもきっと家で飾らないでしまっておくだけになりそうなので、買いたい気持ちをこらえました。でも、やっぱり気になって、A5サイズのパンフレットだけ買ってしまいました。ミニ写真集みたいなパンフレット、ちゃんとクリアケースまでついてて、気が利くなぁと思いました。

さてさて、開演。初っぱなからテンション高っ! 思わず目が釘付けになりました。今までだって、踊りまくる翼は何度も見てきましたが、今回は気合いの入りようが違いました。翼は着実に進化していると思ったのもつかの間、アクシデント発生! 詳細は書くのを控えますが、心臓が止まりそうなくらいビックリしました。とりあえず何事もなかったかのように立ち上がってくれたので、骨折だけは免れたんだなと思いました。でも、きっとあちこち傷めてしまったんじゃないかと思い、気が気じゃありませんでした。

最後まで足をかばいつつも、なんとかやり遂げてくれて、ホッとしました。楽しみにしていたフラメンコはカットになってしまったようで残念ですが、仕方ありません。1日も早く状態がよくなってくれることを祈るのみです。

今回の公演の脇を固めるジャニーズJr.は、M.A.DとKis-My-Ft2です。彼らの出番はかなり多く、Jr.ファンの方も楽しんでいただけると思います。もっと彼らについても見たかったのですが、翼のアクシデントもあって、集中しきれなかったです。次に見に行くときは、彼らの活躍ぶりをちゃんと見てきたいなと思っています。個人的には藤ヶ谷太輔くんと山本亮太くんに注目かな?

蜂窩織炎じゃなくて結節性紅斑?

寝る前と比べ、起床してからひどく悪化はしてないものの、足の痛みと赤い腫れ・熱感があるので、やはり皮膚科へ行ってきました。前回の皮膚科の医師は、専門が内科なので、今度は家と最寄り駅の途中にある皮膚科へ行ってみることにしました。ここの皮膚科の医師は、形成外科が専門ですが、皮膚を取り扱うという意味ではベテランでしょうからね。家から通うにしても、こちらの皮膚科のが近いので助かるんですよね、歩き回るのしんどいし。ただ、めちゃ混みだとは前から聞いていたので覚悟してたのですが・・・。

朝一番で行かなかった自分が悪いのですが、43人待ちでした。というわけで、自分の番が回ってくるまで約3時間待ち続けました。 幸いだったことに、新患受付後、5分で目の前の席が空いたので、立ちっぱなしじゃなくてすみました。座り続けて待つのも疲れましたが、立ちっぱなしよりははるかにましだと思いました。

やっと順番が回ってきて診察室に入ると、「初めまして、○○です。」と名前を名乗ってのご挨拶あり。前回の蜂窩織炎の経過を説明し、どんな薬を使いどうなったか、体のむくみが出たこと(内科医はブルフェンの副作用だと診断したこと)、そしてほとんど治ったと思ったらまた同じような症状が出てきたことを告げ、足首を診てもらいました。ついでに、携帯で撮った写真も見てもらいました。

「目立った傷もないし、蜂窩織炎じゃなくって、結節性紅斑じゃないかなぁ? 君ぐらいの年代の女性に多いんだよね。」といいながら、カラー写真豊富な医学書を持ってきて見せてくれました。確かに、虫さされがひどくなったような赤くて熱感のある腫れたしこりのような写真がほとんどでした。

口の中に口内炎のような潰瘍が出来たり、潰瘍性大腸炎のような下痢や血便、全身に発疹が出たりしていないかを聞かれました。これらに該当すると、ベーチェット病が原因の可能性が高いそうです。ベーチェット病は難病に指定されており、映画「解夏」(大沢たかお・石田ゆり子出演)、ドラマ「愛し君へ」(藤木直人・菅野美穂出演)で、世に知られるようになったのではないかと思います。

風邪を引き、なかなか治らず、ずっと咳が出たりしないかとも聞かれました。この場合、サルコイドーシスの疑いがあるそうです。サルコイドーシスも蜂窩織炎と同じように、先日同じTV番組「最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学」で取り上げられていたような・・・。

あとは経口避妊薬(ピル)や抗菌剤とか特殊な薬を服用し続けたりしていないかとも聞かれました。これらの場合は、薬剤性による結節性紅斑となるようです。

ベーチェット病や薬剤性による結節性紅斑の可能性がほぼゼロの場合は、結節性紅斑の治療は非ステロイド系消炎鎮痛剤を用いるのだそうですが、私の場合の体の浮腫はブルフェンがやはり濃厚だという結論から、非ステロイド系消炎鎮痛剤は使えません。今回は手っ取り早くステロイドを使って過剰な免疫を抑え、炎症を取りましょうということになり、プレドニンじゃなくて、もっと簡単に使えるセレスタミンで十分だろうというお話でした。セレスタミンを毎食後に1錠ずつ7日間ほど服用し、途中で赤身も痛みも腫れもなければ中止してもいいそうです。あまりにも、繰り返して再発する場合には、入院して詳しい検査をした方がいいでしょう(どこに原因があるのかはっきりさせるため)とのことでした。

帰宅後、遅い昼食をとり、セレスタミンを1錠内服しました。ネットで結節性紅斑についてあれこれ見てたら、放っておいても3〜6週間くらいで治癒するが色素沈着を残す場合があるとか、治癒しやすく再発しやすいとか、6ヶ月〜6年くらいで自然に完治する(再発しなくなる)とか、ありとあらゆることが書かれていました。とりあえず、生命の危険性はないらしいので、一安心です。予防法はこれといってないそうなので、やはりストレスや疲労をためないようにするしかないみたいですね。
セレスタミンによる眠気が増してきたため、夕方より仮眠すること4時間半。花粉症の時期にはセレスタミンの眠気といつも格闘していたけれど、今日は皮膚科での待ち疲れがあったのか、爆睡でした。

夕食を済ませ、再びセレスタミンを服用し、数時間が経ちましたが、足首の赤みも少し薄らぎ、痛みや腫れはかわらないものの、熱感はかなりとれました。さすが、ステロイドですね、即効性があります。蜂窩織炎なら細菌感染が原因だから、ステロイドなんて使っていたらもっと悪化してしまうはず
ですよね。セレスタミンで症状がよくなってくれば、やはり結節性紅斑の可能性大なんだろうなぁ?

せっかく蜂窩織炎について調べまくって、詳しくわかってきたのに、今度は結節性紅斑を調べまくらなくては・・・。まぁ、病気のことはいくら知っていても損することはないので、勉強だと思って、いろいろサーチしてみたいと思います(笑)。

まさか、蜂窩織炎再び!?

プチ豚足はその後 9/6(水)夜の段階で、左足首あと10mm、右足首あと3mmで本来の太さに戻るところだったのですが、9/7(木)夜より筋肉痛が・・・。9/8(金)朝も痛み同じままではあるものの、赤みはなかったのでホッとしていたのに・・・。夕方頃より立っているのがかなりしんどかったんですよね。帰宅後足を見てみると、左足の内側も外側もくるぶし周辺が赤いじゃないですか。激痛ではないものの、熱持ってるし、また腫れてきてます。完治目前だったのに(>_<)

とりあえず、帰宅後はすぐベッドに横たわり、足を心臓より少し高い位置にして、休みました。うぅ、左足首が痛い。右足は内側のすね付近にぼんやり赤い腫れがあるものの、症状は軽いです。

数時間横になっていたおかげか、体のだるさはだいぶ取れました。が、左足の赤さと熱感はゆっくりと増しているような気がします・・・。前回は、筋肉痛より2〜3日後に一気に悪化したので、明日また病院に行かないと、日曜日に泣くはめになりそうで恐いです。

鈍痛が少しでも残っている限りは、腫れや赤みが引いても完治したとは言えないのかもしれませんね。やっぱり体力が落ちてるのかな〜。食欲旺盛でも夏バテなのかな? いい加減、蜂窩織炎とは永遠におさらばしたかったのに・・・。

というわけで、久しぶりに携帯P902iで撮影しました。左足の内くるぶし周辺と、外くるぶし周辺です。熱感のせいか、いつもよりかかとの乾燥度が増してるような・・・。

クリックすると、大きく表示されます。

さらば、プチ豚足

蜂窩織炎による赤みはほぼ消失しましたが、まだ腫れは完全には引いておらず、鈍い痛みも多少残っています。ところどころ、毛穴が赤い点状になってますが、そこの症状が悪化することもなく、ホッとしています。体のむくみも、ほぼ問題がない状態です。利尿剤のラシックスも1回だけしか使わずにすみました。というわけで、何日かぶりに足首の太さを測ってみることにしました。

今日はお休みがいただけたので、ゆっくり家で過ごしています。起床時より、いつになく足首が軽やかに感じられたので、足の甲を見てみると、むくんでプチ豚足だったのが嘘のよう! だいぶ本来のすっきりした足になっていました。左側の内くるぶし周辺の腫れはまだあるものの、アキレス腱のあたりのしわもはっきり出てきて、だいぶ細くなってきた感じがしました。というわけで、メジャーにて正確な寸法を測ってみました。

右足首は正常時の寸法+5mmになり、完治目前!(一番症状のひどいときが+30mmだった) 肌の色合いもほぼ正常だし、腫れも目立ちません。まだ、内くるぶしの下が多少鈍い痛みがあるので、これがなくなれば完治かなといったところです。

左足首は正常時の寸法+15mmになりました。一番症状のひどいときが+50mmだったことを考えれば、かなりよくなったと思われます。肌の色合いはまだ、ほんのり赤黒いようなところもあります。腫れも残っており、痛みも部分的にまだ強いです。左足の完治はもう少し時間がかかりそうですが、ゆっくりとよくなってるんだなと実感できているので、不安はありません。

完治したら、またエントリーにて報告したいと思います。

全身むくむ・・・

蜂窩織炎の浮腫が、なぜか昨日からひどくなり、今日起床したら・・・。足はもちろんのこと(足の指がプチ豚足になって、足の甲もフカフカしてます)、顔面全部(特に上まぶた)、腕や手指、おなか周りまでむくみが出てました。熱もないし、蜂窩織炎の痛みも悪化はしてないし、腎臓悪くなってしまったのかも・・・というわけで、前回の皮膚科ではなく、仕事柄多少なりとも交流のある内科医の医師に相談に行ってきました。

この内科は、勤務先のすぐそばにあるため、万が一ちょこちょこ診察や治療が必要な場合にも、職場への迷惑が最低限ですむだろうなということと、一応顔見知りということでよきアドバイスがもらえるかも?という期待を込めて診てもらうことにしました。

まずは基本中の基本、尿検査です。蛋白が出てるかも・・・と不安があったのですが、問題なしでした。皮膚科での蜂窩織炎の治療内容を伝え、血液検査の結果も持参したのですが、腎機能は大丈夫という結論に。ちょっとホッとしましたよ。しかし、足首の腫れ具合に医師はかなり驚いていて、考えられる原因の一つとして、NSAIDs(non-steroidal anti-inflammatory drugs)つまり8日間飲み続けたブルフェンの副作用かもしれないということでした。しばらく非ステロイド系消炎鎮痛剤には近づかないように・・・というアドバイスをいただきました。そして、あまりにもこの浮腫が続くようなら、大きい病院の皮膚科の知り合いの医師に紹介状を書いてあげるともおっしゃっていただき、リンパの検査をするといいかもということでした。今回は、利尿剤で様子を見ることになり、病名は特発性浮腫、薬剤はラシックスの20mgを朝食後に1錠で5日分となりました。ラシックスは頓服的に使ってかまわないということでした。それから、女性のむくみに対しては、リウマチの専門医が実はおすすめだとか、実際には近隣ならどこの医師がいいか具体的に教えいただいたので、しっかり頭にインプットしておきました。

帰宅後、16:30にラシックス20mgを1錠、コップ多めの水1杯で服用してみました。ベッドに横たわり、仮眠を取りました。45分後目が覚め、トイレへ。部屋に戻りまた眠るものの、15分後、さらに15分後、20分後、30分後、45分後とトイレへ。ラシックスの効果はすごいですね、ほんとに。トイレへ行くたびに、手指のむくみが減っていくのがよくわかりました。最後には、顔やおなか周りもすっきりし、本来の蜂窩織炎だけのむくみぐらいだけになりました。

ブルフェンの副作用ということで、科研製薬のサイトで早速調べてみると、0.1〜5%未満の確率で浮腫が起こりうるとのことでした。これがむくみの本当の原因だったら、ブルフェンが代謝されて体外へ全部排出されれば、副作用は消えるはずなので、それを祈ることにします。