macOS Sierraでもe-Taxで確定申告できました!

macOS Sierraでマイナポータルが利用できたり、公的個人認証サービスのJPKI利用者ソフトが普通に使えるぐらいだから、もしかしたらmacOS Sierraでもe-Taxで確定申告できちゃうかも???と期待してました・・・。結論から申しますと、期待通り、できちゃいました♪

今日は、親の確定申告を手伝いまして、マイナンバーカードを用いて、まずは動作確認するために、電子証明書の再登録をしてみました。住基カード時代に利用者識別番号を取得してあったので、電子証明書は再登録扱いになります。なお、確定申告書等作成コーナーの左に「電子証明書の登録・再登録のみを行う方」というメニューがあるので、そこから行えます。

マイナポータルの時と同じように、Javaのプラグイン設定で、「安全なモードで実行」のチェックを外せば、バッチリでした! optionキーを押しながら、ポップアップメニューをクリックですよ!

macOS Sierraでもe-Taxで確定申告できました!

それでは確定申告書等作成コーナーで作成開始すると、e-Taxで提出か、書面提出にするか選択画面になります。もちろん、左側のe-Taxを選びます。

macOS Sierraでもe-Taxで確定申告できました!

「ご利用のパソコンの環境(OS/ブラウザ)がe-Taxの推奨環境外です。」と怒られ、「ご利用の環境ではe-Taxをご利用になれません。e-Taxの推奨環境のOS/ブラウザにてご利用いただくか、前の画面に戻り、書面提出を選択してご利用ください。」と表示されますが、ここはもちろんのごとく、「下記のチェック項目については、すべて確認済みです」にチェックを入れて、強行突破します(笑)。

macOS Sierraでもe-Taxで確定申告できました!

あとは、普通にデータを入力していきます。ふるさと納税の寄付金控除のところでは、都道府県と市町村がポップアップメニューで選択できるようになっており、役所の住所とか自動で表示され、大幅に楽になりました! そんなこんなで、データを次々と入力し、下のスクリーンショットは、最後に送信する時のものです。きちんとICカードリーダーとマイナンバーカードが認証され、パスワードを入れるダイアログが無事出てきました!

macOS Sierraでもe-Taxで確定申告できました!

無事送信完了! というわけで、記念のスクリーンショットも撮ってみました♪ macOS Sierra 10.12.3+Safari 10.0.3+SCR3310-NTTComでe-Taxで確定申告は可能です。

macOS Sierraでもe-Taxで確定申告できました!

macOS Sierraでもマイナポータルを利用できました!

あ〜、私のおっちょこちょいでした! macOS Sierra 10.12.2、NTTコミュニケーションズ 接触型ICカードリーダー・ライター e-Tax Win&Mac対応 SCR3310-NTTComの組み合わせで、無事マイナポータルを利用することが出来ました。

macOS Sierraでも無事ログイン
macOS Sierraでも無事ログイン

まずは結論として、macOS Sierraでもドライバソフトのインストールは必要でした。公式サイトの「SCR3310-NTTComの主な仕様/ダウンロード」より、「5.ICカードリーダライタ・ドライバMacOS X v10.11用」と「6.インストールマニュアル(MacOS X v10.11対応)」を取ってきて、インストールしたあと、Macを再起動します。

それからマイナポータル環境設定プログラムを再インストールします。続いて、Safariのプラグイン設定が、下記のようになっていれば完了です! optionキーを押しながら、ポップアップメニューをクリックして下さいね♪

Safariでのプラグイン設定が大事!

これで、わざわざParallels Desktopを立ち上げて、Windowsでマイナポータルにつながなくてすみますね。ちょっとホッとしました!

マイナポータルがスタートしたので、登録してみた!

マイナンバーカードのポータルサイト「マイナポータル」が1/16(月)からスタートしたということなので、早速登録してみることにしました。

マイナポータルの動作環境を確認したら、macOS Sierra 10.12.2にも対応しているじゃないですか! 「はじめて利用される方はこちら」を見てみると、ログインの手順が説明されており、簡単そうじゃん♪、と思いますが、「パソコンの動作環境を設定する(新しいウィンドウが開きます)」を見てみると、Macはともかく、Windowsのブラウザ設定は、ちょっと面倒ですねぇ〜。パソコン初心者じゃクリアできない予感・・・。

すでに、マイナンバーカードで、e-Taxを経験している方なら、比較的スムーズに進められると思います。公的個人認証サービスが提供するJPKI利用者クライアントソフトを、マイナポータルでも利用するからです。

はりきって、macOS Sierraでインストール作業開始。PDFのマニュアル通り、順調に進んでいったのですが、エラーが出てダメでした(泣)。あれこれ1時間ほどやってみましたが、やっぱりダメなままでした。何がいけないんだろう? Safariもリセットしてやってみたりしたのに・・・。→解決しました

macOS SierraのSafariでエラーになる

macOS Sierraでも、JPKI利用者クライアントソフトでは、普通にマイナンバーカードの証明書を表示とか出来てるんですけどね・・・。ちなみに、NTTコミュニケーションズ 接触型ICカードリーダー・ライター e-Tax Win&Mac対応 SCR3310-NTTComを使っています。マイナンバーカードの場合は、ドライバのインストールも不要です。→必要でした

仕方がないので、Parallels Desktop 12.1.2上のWindows 10 Pro(64ビット版)でインストール作業開始。ブラウザの設定が面倒だったけど、すんなりログイン出来ました! 当分の間は、やっぱりWindows側で利用するしかないなぁ〜。→macOS Sierraでも問題なく利用できます

Parallels Desktop上のWindows 10 Proでログイン

マイナンバーカードでe-Tax

11/29(日)に簡易書留でマイナンバーの通知カードが届いたので、すぐにスマホSH-01Gで自撮りし、マイナンバーカードをSH-01Gで交付申請しました。差し出し時期からマイナンバーカードを実際に受け取る目安で、いい加減そろそろ届くかなぁと思っていました。2/24(水)に、はがきの交付通知書が届き、スマホから2/27(土)に受取予約をして、仕事帰りに無事受け取ることが出来ました。確定申告までに間に合えばいいなぁと思っていたので、本当にラッキーでした!

土曜日が一番混雑しているのに、全然すいててビックリ! 平日なら、余裕そうなのは間違いなさそうです。グリーンハウス 21.5型ワイドタッチパネル液晶ディスプレイ ブラック GH-LCT22B-BKかな、型番は違うかもしれませんが、GREEN HOUSEのディスプレイで、4つの暗証番号を入力させられました。画面が大きいので、これならお年寄りもなんとかなるかな? 分からなくても、担当職員さんが丁寧に教えてくれるので、大丈夫でしょうけどね。

MacのOS X El Capitan 10.11.3では、NTTコミュニケーションズ 接触型ICカードリーダー・ライター e-Tax Win&Mac対応 SCR3310-NTTComのドライバは、大人になったら肺呼吸のMac OS X El Capitanで確定申告(e-tax)を行う方法(2015年12月版)を参考にしてインストールできたのですが、JPKI利用者クライアントの動作確認で、個人番号カードが読み込めませんでした。何度も抜き差ししたり、インストールしなおしたりしましたが、悪戦苦闘もむなしく・・・。ランプが点滅せず、ずっと点灯しっぱなしだから、ダメですね。住基カードなら大丈夫なのかもしれませんが、個人番号カードはダメっぽい?

来年からは、カードリーダーなしで認証できるようになるとの噂なので、今年はMacでe-Taxはあきらめ、仮想環境Parallels Desktop 11 for Mac上のWindows 10 64bitで行うことにしました。WindowsだとJavaのインストールも不要だし、あっさりとSCR-3310-NTTComで個人番号カードが認識されました。e-Taxのサイトから確定申告書等作成コーナーに移って、普通に進めていけば、電子証明書の再登録もすんなりでしたし、最後の提出までなんら問題なくスムーズに完了しました。

2年前に振替納税の手続きも済ませているので、これで口座残高だけ気を付けておけばおしまいです。あっけなくてさみしい限り(笑)。

振替納税の手続きをしていない場合など、「どうやって納税するの?」という方は、電子納税がおすすめです。なかでも、インターネットバンキングで入力方式による納税手続きがよいでしょう。ネットバンキングの税金・料金払込からペイジーを利用する形となります。利用する金融機関によって異なりますが、インターネットバンキング、モバイルバンキング、ATMが利用できます。

H27年分の申告所得税及復興特別所得税の確定申告であれば、下記項目を入力すればOKです。

  • 収納機関番号=00200
  • 納付番号=利用者識別番号(数字16桁)
  • 確認番号=納税用確認番号(数字6桁)
  • 納付区分=3204427
  • 金額=申告等により納付すべき金額

iTunes 11.1.55

iTunes 11.1.5

iTunes 11.1.55が来てたので、ソフトウェア・アップデート経由でインストールしました。

このアップデートにより、デバイス接続時に iTunes が予期せず終了する問題が修正され、OS X Mavericks 上の iBooks for Mac との互換性が改善されます。

OS X アップデート 10.9.2

OS X アップデート 10.9.2

OS X アップデート 10.9.2が来てたので、ソフトウェア・アップデート経由でインストールしました。

すべての OS X Mavericks ユーザに推奨します。お使いの Mac の安定性、互換性、およびセキュリティが向上します。
アップデートの内容:

  • FaceTime オーディオ通話の発着信機能を追加
  • FaceTime オーディオ通話およびビデオ通話での割込通話機能を追加
  • iMessage の着信を送信者別にブロックする機能を追加
  • “メール”の未開封メッセージ件数表示の正確性が向上
  • ”メール”で一部のプロバイダから新規メッセージが取得できない問題を修正

修正

  • Safari の自動入力の互換性を向上
  • 一部の Mac でオーディオに歪みが生じる問題を修正
  • SMB2 によるファイルサーバ接続時の信頼性が向上
  • VPN 接続が解除される問題を修正
  • “メール”と Finder の VoiceOver による操作性が向上

このアップデートについて詳しくは、次の Web サイトを参照してください:http://support.apple.com/kb/HT6114?viewlocale=ja_JP

このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、次の Web サイトを参照してください:http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP

MacBook Pro Retinaがもう1台やって来た!

むふふ、AirMac Time Capsule 2TBと一緒に注文してあった、15インチMacBook Pro Retina 2.6GHz/16GB/1TBがはるばる上海からやって来ました〜! そうです、年末から悩みに悩み抜いて、今年になっても悩みに悩み抜き、クレジットカードの締めが過ぎてから決断に至りましたよ! アップルオンラインストアで、初めてのカスタマイズ注文。

箱の底面に貼られたシールが国内発送の商品とは違いますね。すごく薄い色の印刷なので、どうにもうまく写らない!

15インチMacBook Pro Retina 2.6GHz/16GB/1TB

上画像の左の方に貼られているシールはこんなです。Part No.が当然ながらAPPLE MacBook Pro Retina Display(15.4/2.3GHz Quad Core i7/16GB/512GB/Iris Pro/GeForce) ME294J/Aでもなく、Z0PU0003Kなんですね。Model NoはA1398というのはAPPLE MacBook Pro Retina Display(15.4/2.0GHz Quad Core i7/8GB/256GB/Iris Pro Graphics) ME293J/AAPPLE MacBook Pro Retina Display(15.4/2.3GHz Quad Core i7/16GB/512GB/Iris Pro/GeForce) ME294J/Aも共通のようです。Family IDなるものがあって、Z0PUとか。ちなみにキーボードはJIS仕様です。

15インチMacBook Pro Retina 2.6GHz/16GB/1TB

1/17(金)未明に注文し、1/20(月)にアップルのサイトでは出荷準備中、1/22(水)18時過ぎに商品出荷のお知らせメールが届きました。上海からクロネコヤマトでのトラッキング状況はこちら。上海支店(中国)からADSC支店経由になるんですね。

クロネコヤマトのトラッキング

AirMac Time Capsule 2TBもお目見え!

アップルストアの初売りでもらったギフトカード15,000円分は、APPLE AirMac Time Capsule – 2TB ME177J/Aにあてがい、無事本日開梱。実際には1/17(金)未明に注文したので、翌日の1/18(土)には届いていたのですが、伸ばし伸ばしになっていました(笑)。SH-01Fでパシャリ♪

AirMac Time Capsule 2TB

あれ、てっぺんのアップルマークにピントを合わせたつもりだけど、ピンボケでしたね(汗)。開封する際は、落っことさないようというか、落っことしても大丈夫なように、ベッドの上で行ったので、なんら問題なく・・・。しかし、出しにくいですよね、やっぱり。12cmのCDケースより床面積はコンパクトで9.8cm×9.8cm。高さが16.8cmと気になりますが、アンテナ収納かつHDD内臓だから仕方ないですね。今までブリッジ設定で使っていたAirMac BaseStation(MB053J/A)をこのTime Capsuleに置き換えました。簡単に置き換えられる予定だったのですが、なぜかうまく設定が引き継がれず試行錯誤。なんとかブリッジ設定できて一安心。ちなみにルータはドコモのキャンペーンでもらった【New3DS / LL対応】NEC Wi-Fiルータ Aterm WR8165N (STモデル)だったりします。ルータの無線機能はOFFにし、無線はすべてTime Capsuleにおまかせ! 先日購入したMacBook Pro Retinaのバックアップをしてますが、本当に静かでビックリです。内蔵のHDDが回転し始めるときだけちょっと音が聞こえるだけで、後は無音に等しいですからね。

AirMac Time Capsule 2TB

WD Elements Portable 2TB

いつMac Pro E2008がダメになってもいいように、内蔵ハードディスクのバックアップをしておかないとですね・・・。一応システムの入った320GBのハードディスクはTime Machineでバックアップ(FireWire 800で接続)してますが、それ以外の後から取り付けたハードディスク1TBと250GBの分もバックアップする必要があるんですよね。次に買うマシンはノート型にするかもしれないし、仮に最新のMac Proだとしても、内蔵は出来ませんよね〜。それにFireWire 800じゃ、汎用性がね・・・。

そんなこんなで価格もこなれてきた外付けのハードディスク「WD HDD ポータブル ハードディスク Elements Portable 2TB WDBU6Y0020BBK-JESN USB3.0 / TV録画対応 / 3年保証」を買ってみました。USBのバスパワー対応なので、付属のUSBケーブル1本でつなぐだけ。サイズもコンパクトなので、普段は引き出しにしまっておけますね。いつものように、SH-01Fでパシャリ♪

箱の裏側はこんな感じ。

ほとんど意味のない(笑)説明書、長さ46cmのUSB 3.0ケーブル、本体。

キーボードに乗せたら、テンキー部分がすっぽり隠れる大きさです。この画像では遠近感のせいで大きく見えますが、実際にはキーボードのアルミフレームよりほんの少し小さいくらいです。

このサイズでこの価格、そして3年保証だなんて、太っ腹ですよね! 容量が1TBでいいならば「Transcend USB3.0/2.0 2.5インチ ポータブルHDD 耐衝撃 M3シリーズ 1TB 3年保証 TS1TSJ25M3」でもいいかもしれませんね。

15インチMacBook Pro Retina現る!

我が家に、15インチMacBook Pro Retina 2.0GHz/8GB/256GBがやって来ました〜。悩みに悩んでアップルオンラインストアの初売りで注文した、俗に言う15インチ竹のモデルです。とりあえず、SH-01Fであちこち意味不明にパシャリ♪ セロハンに包まれた状態のままで撮ったら、見事に蛍光灯が写り込んでます(笑)。

箱の底面に貼られたシール。ノンカスタマイズの証(笑)。

上画像の左側に貼られているシールは、こんな感じです。

MacBook Pro Retina本体を取り出すと、こんな感じで付属品が収まってます。アダプタが重い・・・。

セロハンに貼られたシール(本体底面)。開封するときに、このシールがびりっと破かれることとなります。

黒いキーボードも渋くてかっこいいですね〜。これがライティングされるのかと思うと、ワクワク!

しかし、このMacBook Pro Retinaは両親へのプレゼントだったりするので、私自身はメインで使うことはないのであります・・・。iMac Mid 2007の動作速度が重すぎて話にならないので、消費税が8%になる前に新しいiMacを購入と思ってたのですが、やっぱり家の中でも持って歩ける方が便利だということになり・・・。手頃なWindowsノートにしようかと思いましたが、しょぼすぎてありえないので、ちゃんとしたWindowsノートを見てると、10〜15万円くらいはしちゃうんですよね(汗)。それならもういっそMacBook Airと思ったけど、13インチじゃ画面が小さいし、やはり長く使うにはこのスペック厳しいかもと思い、両親には分不相応な15インチのRetina竹モデルとなりました。

まぁ、実際に設定したりして、一通り使ってみましたが、快適ですね〜。今にもくたばってしまいそうなMac Pro E2008の次に買うモデルは、ノート型もありかなぁ〜と考え始めているところです。でもなぁ〜、やっぱり15インチでも小さいよなぁ・・・。17インチのRetinaモデルがあったら飛びついちゃったかも(笑)。