P905iもお嫁に出します

P904iに引き続き、P905iもお嫁に行くことになっています。SH902iS(シャインシルバー)ユーザーの葛飾区のTちゃんです。先日のお疲れ様会で、もし私がPRIMEシリーズを購入したら、P905iをあげるという話になっていたのです。11/11(火)に職場近くのデニーズにてお疲れ様会第二弾があったのですが、その時にもその話題が出てまして・・・。私のSH-01Aがカメラ不具合等ありバタバタしちゃいましたが、やっと落ち着きましたので、晴れてP905iをお嫁に出せることになりました。こちらも、さよなら記念写真ということで、SH-01Aで撮影してみました。キーイルミネーションは室内を真っ暗にして、3パターンで撮影してみました。

マクロ、フォトライトON、シーン:オート

マクロ、フォトライトON、シーン:オート、高感度オート

マクロ、フォトライトON、シーン:夜景

P904iをお嫁に出します

昨年の6/15(金)の発売初日に購入したP904iですが、半年も利用しないうちにこれまた11/28(水)の発売初日にP905iへ機種変更してしまいました。それからというもの、ずっと我が家で眠り続けたP904iですが、このたびお嫁に出すことになりました。同じ会社で働く隣の店舗にお勤めのN902iユーザーのNさんです。めでたくN902iを2年使い、新しい電池パックをもらうものの、すぐ電池が減ってしまうそうで・・・。N902iからならそれほど違和感なくP904iに乗り換えることが出来るはずなので。さよなら記念写真ということで、SH-01Aで撮影してみました。キーイルミネーションはわかりやすいよう、室内を真っ暗にして、マクロで夜景モードにしてみました。

そういえば、何ヶ月か前にP902i(シルバー×クールグラス)もNさんと同じ店舗で働くN900iユーザーだったMさんのところへ、お嫁に行ったのでした。P902iはバリバリ使ってもらってるようで、なによりです。P902iも記念撮影しとけばよかったな・・・。

SH-01AとP905iを比較してみる

定番(!?)の比較コーナーです。外見的な大きさ等を比較してみました。家族が使っているP905iを借りてきての撮影です。長さがどれくらい違うかわかりやすいように、Macのキーボードに触れるように置いてあります(液晶画面比較のは除く)。

SH-01A:高さ約111mm×幅約50mm×厚さ約16.6mm(最厚部:約22mm)、質量145g
P905i:高さ106mm×幅49mm×厚さ18.5mm、質量約137g

すみません、買ってきてわりとすぐに撮影したので、最初から付いてくる保護フィルム(液晶部分とカメラ部分の2カ所)はがしてません(笑)。きせかえツールでピンク用の画面にしてあります(ホワイト用は寒々しいので)。

SH-01AとP905iともにラメってるのですが、ラメのきめ細かさはほとんど同じですね。上品なパール感です。左側面はSH-01Aだとストラップホールと左スピーカーが、P905iだとワンプッシュオープンのボタンとヨコオープンレバーがあります。右側面はSH-01Aだとプッシュトークボタンが、P905iだとストラップホール・プッシュトークボタン・サイド上ボタン・サイド下ボタン・イヤホンマイク/AV出力端子があります。裏面はSH-01Aだとカメラの黒丸部分に赤外線ポートがあり、黒丸の外にフォトライトがあります。P905iだとカメラの四角い部分にフォトライトがあり、左右のスピーカーが配置されています。おサイフケータイ用のマークの場所も、SH-01Aは下の方、P905iは真ん中より上の方にあります。キーボードは今シリーズより基本的な位置は各社共通になったようです。もう、キー配置は慣れるしかありませんね(笑)。SH-01Aには光TOUCH CRUISERと指紋認証が搭載されています。液晶画面ですが、SH-01Aでは時計の配置などいろいろ制約があり、これもすぐ慣れることでしょう。P905iでは時計の位置が細かく設定できたのになぁ・・・。

まぁ、保護フィルム貼ったままでも、SH-01AのAQUOS液晶は素晴らしく綺麗です。いくら私が根っからのVIERAユーザーであっても、今回のSH-01Aの美しさは認めるしかありません。そうです、液晶の美しさとカメラ機能に惹かれて、Pシリーズを一旦離れることにしたわけですから・・・。P151→P153→P156→P502i(スノーホワイト+iボード)→P503i(ジェムブラック)→P504i(グレイスシルバー)→P900i(シルバー×ブラック系の迷彩柄カスタムジャケット)→P902i(シルバー×クールグラス)→P904i(プラチナ)→P905i(ホワイト)→SH-01A(White)→P-02B(の予定)。はぁ、ちゃんと次はPシリーズに戻れるのかしら? それにしてもDoPlazaの携帯電話の歴史はなつかしくて見入ってしまいますね!

結局SH-01Aを買っちゃいました!

11/21(金)でのドコモショップでの続き・・・。

ホットモックを触ったり、普通の全色モックを見比べたりすること、約15分。試しに、店員さんにSH-01Aのホワイトとピンクの在庫があるか聞いてみた。すると「今日は大丈夫そうですよ」と微笑まれました。そして、全色モックの方を振り返り、最初にある1機種だけがオーラを放って目の中に飛び込んできたのです!

そう、目の中に飛び込んできたのは、ホワイトのSH-01Aでした! 目を疑って、瞬きしてからもう一度見てもホワイトが輝いて見えました。となりのSH-01Aのピンクは光って見えませんし、左の方にあるF-01Aもまったく輝いては見えませんでした。店員さんに振り向き、気がついたら「これのホワイトをください」とSH-01Aを指さしてました。

待つこと2分ぐらいですぐ、自分の手続きの順番が回ってきました。赤い箱から出されたSH-01Aのホワイトが、これほどまでまばゆく見えるとは・・・。傷があるかどうかチェックしてくださいとのことだったので、じっくり見回して問題ないことを確認。デスクの棚に飾ってあるピンクを手に取り再度眺めてみるものの、やっぱりホワイトで大正解と思えました。店員さんから今の機種(P905iのこと)は何か不満な点や不都合があるのか聞かれたのですが、そんなものは全くないと答え、iコンシェル等新しいサービスを利用してみたかった、CCDカメラに興味があったからと伝えました。Pシリーズをずっと12年くらい使っているので、他のメーカーもチャレンジしてみたいと話したら、「SHARPさんなら操作しやすい機種なので、きっと大丈夫」、「P905iからP-01Aだとあまり変化ないので機種を変えるのはおすすめできませんが、SHARPさんへなら納得です」とのことでした。まぁ、買い換えるユーザーの気分を損ねないよう、どの機種を買うにしても、うまいこと話すのでしょうが(笑)。

手続きの途中、今回はどの機種が売れてるのか聞いてみました。P-01Aが一番売れてるそうです。薄くて軽くて、年齢層や男女問わずに売れてるとか。次いでF-01AとSH-01Aが同じくらい出ていて、発売初日のN-01Aはあまり出ていない出そうです。

支払いは、全額ポイントでと言ったら、店員さんは目を丸くし、端末でポイント残高を確認するなり、「こんなにポイントがたまっているお客様は初めてだったのでビックリいたしました」となぜかお辞儀されました(笑)。P904iを発売初日に、P905iも発売初日に購入していたので、継続利用期間がリセットされておらず、12ヶ月以上の価格で購入できました。とはいっても、なんせドコモショップ価格ですから、税抜き59,400円(=税込み62,370円)。卓上ホルダ SH22が税抜き600円(=税込み630円)、10年以上のユーザーなのでご愛顧割で-¥5,000円(=税込み-¥5,250円)。トータルで税抜き55,000円(=税込み57,750円)になりました。まぁ、全額ポイントで充当したので、税金は発生していませんでした。

お引っ越しサービス等はいっさいやらずに、最短コースですませたため、契約手続きからお店を出るまでに20分もかかりませんでした。

帰宅後、0円で購入記念としてP905iで撮影。ちなみに、黄色い蛍光マーカーでライン引いたのは、ドコモショップの店員さんです。

PhotoFastの150倍速microSDを買いました

今までP904iではTranscend microSDカード 2GBを使ってきました。これは、6月に2,999円で購入したんですけど、今は2,499円になってるんですね。書き込み・読み込みの転送速度も問題ないですし、miniSDとSDカードアダプターも付いてくるから何かと便利です。しかし、P905iで最高画質となる、2592×1944ピクセルのスーパーファインで撮影したものを保存する際に結構時間がかかります。データBOXから読み出す際もちょっと遅いなぁ〜と気になっていました。そこで、思い切って高速だと噂されているPhotoFast 150倍速 microSDカード 2GBを購入してみました。このカードは2,999円と安いじゃないですか! というわけで、家族用と自分用に2枚、上海問屋で購入しました。上海問屋は前回に続き、2度目の購入ですが、本当にお安くて助かります。お手頃価格の上海問屋オリジナル DONYAフラッシュmicroSDカード 2GBもあるので、これもちょっと気になっていたり・・・。上海問屋本店ではmicroSDカード2枚同梱でメール便発送対応ですが、上海問屋楽天市場店
では1枚でしかメール便発送に対応してないので注意! レビューは楽天市場店が参考になりますが、上海問屋オリジナル DONYAフラッシュmicroSDカード 2GBは上海問屋本店のが微妙に安かったりと、違いがあるので、よく見極めて購入しましょう(笑)。 あと、カードリーダーですが、今まではアドテック miniSD対応カードリーダーライターホワイトモデル USB2.0対応 ADMINISDRWU2を使っていました。miniSDカードアダプタを使って、microSDの読み書きをしていました。でも、家族用にも1台カードリーダーが必要だから、自分の分も含めて新調しようと思い、アドテック microSDカード専用 小型リーダーライター USB2.0対応 ストラップ付 AD-MRSDR/U2を2つ購入しました。しかし、ここから問題が発生・・・。 とりあえず、今まで使っていたTranscendのカード内容を今まで使っていたカードリーダーでMacへバックアップしておきました。これで何が起ころうとも、どんと来い!ってな感じでした。しか〜し、不吉なことが起こったのでした・・・。Transcendのカードを新しいmicroSDカードリーダーへ入れ、Macにつなぐとマウントに時間がかかること10秒。おかしい、こんな遅いわけないと思いつつ、カードの中身をMac上へコピーしてみると、めちゃくちゃ転送速度が遅い! アンマウントはスムーズに行ったので、カードを抜き、再度カードを入れてMac上にマウントさせてみても、時間がかかる。Macからファイルを書き込んでみると、数MB書き込んでいるうちに、あぁっ書き込みが終わらない! ヤバイ、これは壊れたかも・・・とバカな私も気付いたのでした。書き込みを手動で終了させ、アンマウント。P905iに入れてmicroSDをフォーマットし、カメラで2枚撮影するも問題なく保存できました。が、データBOXから読み出すと×印のアイコンが・・・。やっぱり、このTranscendのカードはダメになったようで・・・。 PhotoFastのカードをもうひとつの新しいmicroSDカードリーダーへ入れ、Macにつないだら問題なく読み書きできました。あぁ、2つ買ったmicroSDカードリーダーのひとつがたぶんハズレだったのかも。ショックだ! 悔しいからダメ元でADTECのサポートセンターに相談してみるつもり。巻き添え食らったTranscendのカードをADTECのカードにお詫びをかねて交換・・・なんて無理だよね、やっぱり。 今回学んだことは、やっぱりバックアップはとても大事ということ。

P905iでおサイフケータイとiアプリ

うっかり、ドコモショップでiCお引っこしサービスを試してくるの忘れてがっかり・・・。機種変更用のサーバに預けてあるモバイルSuicaをP905iで使えるようにセットアップ。QUICPayは結局1度も使ってないから、P904iの会員登録の情報削除して、P905iには今のところ入れないつもり。P904iのEdyは残高10円だけなので、そのうち使い切ってEdyを削除するつもり。P905iには新規でEdyを使えるようにダウンロードして設定しました。三井住友カードiD」だけはコンビニで頻繁に使うので、電話で再発行依頼しました。依頼した翌日夕方5時には携帯版のVpassでアクセスコードが紹介できるので、郵送されてくるのを待たなくてもすぐ使えるようになるので助かります。もちろんP904iの三井住友カード「iD」はカード削除。

その他、iアプリでは、ドコモ料金案内三菱東京UFJダイレクトモバイルGoogleマップをとりあえずダウンロードして設定しました。

まだ内蔵のiアプリとか試せてない・・・。とりあえず、モバイルSuicaで改札を通過するときに、とても快適になったのだけは実感しています。なんというか、感度がよくなったというか、かざしてからピッ♪と音が鳴るまでの時間が短くなったような気がします。今週末にはいろいろ試したいな。

P905iを無事3台ゲット!

朝、家族を引き連れ最寄りのドコモショップへ行ってきました。ドコモショップ目前の横断歩道の信号待ちで女性がひとり店頭前に並んだのを目撃! かなり焦りましたね、何台入荷されるのかわからない状態なので、家族全員分気に入った色をゲットできるのか・・・。信号が青になり、急ぎ足で店頭前に並んだのが開店18分前で、順番待ちは先頭から2番目なので、なんとかなるはず〜と思い、店頭外に置いてあるモックとにらめっこしました。当初はP905iのピンクゴールドを3台買う予定だったのですが、モックを見て考えが変わりました。今持っているP904iのプラチナと代わり映えしないかも知れないけど、P905iもピンクゴールドよりホワイトの方がいいなぁと思ったのです。同じ白でも、P904iはおもちゃっぽい不透明の白、P905iはほんのりラメがかっていて、しっとりした感触だけど指紋も目立たない。電池パック側の裏面もきめの細かいラメというか光沢があるけど、さらさらした触感です。うまく言葉で表現できないのがもどかしい・・・。家族であれこれ意見を交わしているうちに、後ろにはあと7名並んで開店! おぉ、戦闘開始〜といった感じで前の女性に続き順番待ちの紙「1番」をもらい、すぐカウンターへ。

何台在庫があるのかわからないので、とりあえずP905iのホワイトへ買い増しが2台、P905iのピンクゴールドへ契約変更が1台でとお願いしたら、ショップのお姉さんはテキパキと用紙を差し出してきたので、とにかく急いで記入。その用紙を見ながら機種と色の確認をし、お姉さんは振り返ってすぐ真後ろの収納してあるロッカーからいそいそと1番乗りで3台確保して下さいました。お姉さん、本当に手早くて感動しちゃいました。そういえば、前に使っていたP902iを契約したときと同じお姉さんでした。

もう3台確保してからはこちらも焦らなくていいので余裕でした。料金プランの説明をしてくれるときも、その他の細かい説明も、事前にWEBで調べておいたので、ほとんど説明を省略してもらいました。1台ずつの手続きなので、ちょっと時間はかかるものの、その合間にブックマークと電話帳をコピーしてくれました。後ろの在庫してあるロッカーの扉が開くたびに、背筋を伸ばしてのぞき込んじゃいましたよ(笑)。ここのドコモショップでは、本日発売分のP905iとN905iは各色10台ずつありましたね。月曜発売のSH905iとD905iも各色在庫あるものの、かなり色によってばらつきがあったものの、人影でよく見えず・・・。

3台目の手続き中(11時頃)に、P905iの残りはピンクゴールド4台、ホワイト3台、ブラック5台、レッド7台。N905iの在庫はよく見えなかったのですが、途中からブラックが7台補充されました。続いて、P905iのピンクゴールドが7台補充されました。トラックからおろされるとき、かごに入った状態で店内へ運ばれるのですね。目の前で補充するのでその台数だけはよく確認できました(笑)。補充している間はロッカーの扉が開きっぱなしなので、SH905iとD905iもチェック。SH905iはWhiteとBlackが数台、Pinkは7台ありました。D905iはかなり余裕があるようで、シャインブラックが5台くらいで一番少なく、色はわからないものの13台あるものもありました。

手続きが完了したのが11時10分頃で、おみやげはドコモダケのチャック付きソフトクリアケースとP905iストラップ、お星様型の赤いDoCoMo 2.0ストラップの3種類でした。あとで、このおみやげの画像もアップしたいと思ってます。

※添付の画像はP904iで撮影しました。2枚目の画像はキーが光っているのでなかなかピントが合わずピンぼけに・・・。

Lipidure(リピジュア)って、すごいよ!

先月下旬より、肌荒れの季節がやってまいりました。乾燥・敏感肌の私にとって、手荒れどころか、ご老人のように腕や下肢の乾燥が激しく、かゆくて掻きむしったところが赤くブツブツになり、悩まされていました。いつもなら、ヒルドイドソフトやヒルドイドローションを使い、掻きむしって赤くなったところにはリンデロン-VG軟膏を使ってしのいでいました。どれもこれも症状は改善してだいぶ楽になるものの、ベタつきが許せないんですよね。そして、リンデロン-VGは効くといってもステロイドだからよく効くだけであって、しょっちゅう使わないように気をつけたりしないとダメですからね。

ところが先月後半、素晴らしいものに出会いました。仕事場にいつものMS(Medical Marketing Specialist)さんがやってきて、「今度新商品のローションを発売したんですけど」とこの「ハンドローション N」の紹介があり、今年も乾燥に悩まされていた私には、直感的にビビッとくるものがあったのです。トレハロースやグリチルリチン酸ジカリウム、オリーブスクワランという言葉にはたいして惹かれなかったのですが、初耳の「Lipidure(リピジュア)」という、うるおい成分を聞いて、とにかく試してみたいと思ったので、即1本注文しちゃいました(笑)。

<いつも紹介してくれる商品にはあまり見向きもしない私が、このローションに飛びついたので、いろいろ話をしてくれました。もともと医療従事者向け、とくに看護師さん向けに開発された商品だそうです。看護師さんはしょっちゅう手を洗うから、確かに手が荒れそうですよね。で、なんと、このリピジュアは、人間だけでなくペットにも使われてるらしいのです。先日、TVで犬や猫の肉球にリピジュア含有商品を塗ると、肉球が保護され、いい状態を保てるという内容だったそうです。そんなことから、この「ハンドローション N」も動物病院に納品され、普通に売られているとのこと。これには、本当に私も驚きましたが、よくよく考えればペットも人間も、単なる陸で生活するほ乳類という動物ですよね。ペットの肉球は、人間の肌の3〜5倍も乾燥しやすい敏感肌なんだそうで、こういう商品が売れるのも納得しちゃいました。

翌日、1本納品され、そのまま私がiDでお買い上げ(笑)。帰宅して、寝る前に早速使ってみました。ハンドローションだけど、手に塗って大丈夫ということは、足や腕に塗っても大丈夫だろうという、自己責任において、あちこち塗ってみました。1プッシュで両足の足首から膝下までうっすら伸ばすことができました。素早く塗り広げ、軽くマッサージするような感じでなじませると、あるところから急に吸い込まれるようにさらっとした感触に変わります。薄いコーティングがされたような感じになりますね。両腕の手首から肘周辺にも1プッシュで十分すぎる量なので、ついでに二の腕のあたりまで伸ばしてちょうどいい感じです。最後に1プッシュで指先・爪の際から手首にまでたっぶりめによくなじませました。

翌朝、目覚めて驚いたことは、腕や足のかゆみが止まってるじゃないですか! 寝ている間に掻きむしらずにすんだようで、掻きむしった赤い部分も色合いが薄くなっていました。まさか、ステロイドでもあるまいし、そこまで効果あるとは信じがたいものの、気のせいでも何でも症状が軽くなり、うれしかったですね。出勤前には1プッシュより少なめの量を両手に塗り、30秒くらいマッサージしてると、本当にさらっとした感触で、携帯やiPodさわっても、指紋が目立たないくらい、さっぱりした使い心地です。水で手を濡らしてもヌルツキはあまりなく、水で洗い流されてしまうのも最小限ですむのか、うるおいは持続しました。紙やビニール袋の取り扱いがらくらくこなせて、仕事もはかどります(笑)。

みなさんも乾燥肌で悩んでいらっしゃるなら、リピジュア配合のものを試してみるといいですよ! 今回ここで紹介した「ハンドローション N」はクリニックや調剤薬局など、中北薬品さんが出入りしているところで手に入れることができると思います。中北薬品さんのサイトでも、製品紹介のところから、商品の紹介がなされていますね。

最後に、上記内容を読めばわかるように、私は中北薬品には勤めておりませんが、いい商品なのでBlogで取り上げてみました。無香料、無着色、無鉱物油、弱酸性、アルコールフリーなのも、気に入ってます! ローション NのNって、中北のNなのかな?