macOS Sierraでもe-Taxで確定申告できました!

macOS Sierraでマイナポータルが利用できたり、公的個人認証サービスのJPKI利用者ソフトが普通に使えるぐらいだから、もしかしたらmacOS Sierraでもe-Taxで確定申告できちゃうかも???と期待してました・・・。結論から申しますと、期待通り、できちゃいました♪

今日は、親の確定申告を手伝いまして、マイナンバーカードを用いて、まずは動作確認するために、電子証明書の再登録をしてみました。住基カード時代に利用者識別番号を取得してあったので、電子証明書は再登録扱いになります。なお、確定申告書等作成コーナーの左に「電子証明書の登録・再登録のみを行う方」というメニューがあるので、そこから行えます。

マイナポータルの時と同じように、Javaのプラグイン設定で、「安全なモードで実行」のチェックを外せば、バッチリでした! optionキーを押しながら、ポップアップメニューをクリックですよ!

macOS Sierraでもe-Taxで確定申告できました!

それでは確定申告書等作成コーナーで作成開始すると、e-Taxで提出か、書面提出にするか選択画面になります。もちろん、左側のe-Taxを選びます。

macOS Sierraでもe-Taxで確定申告できました!

「ご利用のパソコンの環境(OS/ブラウザ)がe-Taxの推奨環境外です。」と怒られ、「ご利用の環境ではe-Taxをご利用になれません。e-Taxの推奨環境のOS/ブラウザにてご利用いただくか、前の画面に戻り、書面提出を選択してご利用ください。」と表示されますが、ここはもちろんのごとく、「下記のチェック項目については、すべて確認済みです」にチェックを入れて、強行突破します(笑)。

macOS Sierraでもe-Taxで確定申告できました!

あとは、普通にデータを入力していきます。ふるさと納税の寄付金控除のところでは、都道府県と市町村がポップアップメニューで選択できるようになっており、役所の住所とか自動で表示され、大幅に楽になりました! そんなこんなで、データを次々と入力し、下のスクリーンショットは、最後に送信する時のものです。きちんとICカードリーダーとマイナンバーカードが認証され、パスワードを入れるダイアログが無事出てきました!

macOS Sierraでもe-Taxで確定申告できました!

無事送信完了! というわけで、記念のスクリーンショットも撮ってみました♪ macOS Sierra 10.12.3+Safari 10.0.3+SCR3310-NTTComでe-Taxで確定申告は可能です。

macOS Sierraでもe-Taxで確定申告できました!

“macOS Sierraでもe-Taxで確定申告できました!” への5件の返信

  1. MacBookでSierraにアップデートしてしまったので、確定申告できるかとても不安でした。最高報告を聞いて安心しました。書いてくださってありがとう!
    ちなみに、カードリーダーは何をお使いですか?何を買えばいいか迷っています。

    1. カードリーダーは2008年に購入したSCR3310-NTTComなので、もう古いものです。ただ、Win&Macできちんと今も使えるというサポートは素晴らしいと思います。これからカードリーダーを購入されるのであれば、公的個人認証サービスの「ICカードリーダライタのご用意」から、Mac対応のものをお選び下さい。個人的にはNTTコミュニケーションズの製品が、サポート体制も考えるとおすすめです♪

  2. ありがとうございました。何年か前から使っているGemalto PC USB-TRを使ってSierra 10.12.3上のSafari10.0.3でe-Taxで確定申告を行いました。「Javaのプラグイン設定で、『安全なモードで実行』のチェックを外せば、バッチリでした! optionキーを押しながら、ポップアップメニューをクリックですよ!」がキーポイントでした。これをやればSierraでも問題ないようです。毎年のことながら、Macの最新版OSではいつもこういうことがありますね。

  3. 素晴らしい。初めてのe-taxできました。
    環境は
    MBP retina 2015 Sierra10.12.3+Safari10.0.3+ACR1251CL-NTTCom
    3日間の戦いの最後の砦はズバリ『安全なモードで実行』でした。
    ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です