さらば、プチ豚足

蜂窩織炎による赤みはほぼ消失しましたが、まだ腫れは完全には引いておらず、鈍い痛みも多少残っています。ところどころ、毛穴が赤い点状になってますが、そこの症状が悪化することもなく、ホッとしています。体のむくみも、ほぼ問題がない状態です。利尿剤のラシックスも1回だけしか使わずにすみました。というわけで、何日かぶりに足首の太さを測ってみることにしました。

今日はお休みがいただけたので、ゆっくり家で過ごしています。起床時より、いつになく足首が軽やかに感じられたので、足の甲を見てみると、むくんでプチ豚足だったのが嘘のよう! だいぶ本来のすっきりした足になっていました。左側の内くるぶし周辺の腫れはまだあるものの、アキレス腱のあたりのしわもはっきり出てきて、だいぶ細くなってきた感じがしました。というわけで、メジャーにて正確な寸法を測ってみました。

右足首は正常時の寸法+5mmになり、完治目前!(一番症状のひどいときが+30mmだった) 肌の色合いもほぼ正常だし、腫れも目立ちません。まだ、内くるぶしの下が多少鈍い痛みがあるので、これがなくなれば完治かなといったところです。

左足首は正常時の寸法+15mmになりました。一番症状のひどいときが+50mmだったことを考えれば、かなりよくなったと思われます。肌の色合いはまだ、ほんのり赤黒いようなところもあります。腫れも残っており、痛みも部分的にまだ強いです。左足の完治はもう少し時間がかかりそうですが、ゆっくりとよくなってるんだなと実感できているので、不安はありません。

完治したら、またエントリーにて報告したいと思います。

“さらば、プチ豚足” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です