Lipidure(リピジュア)って、すごいよ!

先月下旬より、肌荒れの季節がやってまいりました。乾燥・敏感肌の私にとって、手荒れどころか、ご老人のように腕や下肢の乾燥が激しく、かゆくて掻きむしったところが赤くブツブツになり、悩まされていました。いつもなら、ヒルドイドソフトやヒルドイドローションを使い、掻きむしって赤くなったところにはリンデロン-VG軟膏を使ってしのいでいました。どれもこれも症状は改善してだいぶ楽になるものの、ベタつきが許せないんですよね。そして、リンデロン-VGは効くといってもステロイドだからよく効くだけであって、しょっちゅう使わないように気をつけたりしないとダメですからね。

ところが先月後半、素晴らしいものに出会いました。仕事場にいつものMS(Medical Marketing Specialist)さんがやってきて、「今度新商品のローションを発売したんですけど」とこの「ハンドローション N」の紹介があり、今年も乾燥に悩まされていた私には、直感的にビビッとくるものがあったのです。トレハロースやグリチルリチン酸ジカリウム、オリーブスクワランという言葉にはたいして惹かれなかったのですが、初耳の「Lipidure(リピジュア)」という、うるおい成分を聞いて、とにかく試してみたいと思ったので、即1本注文しちゃいました(笑)。

<いつも紹介してくれる商品にはあまり見向きもしない私が、このローションに飛びついたので、いろいろ話をしてくれました。もともと医療従事者向け、とくに看護師さん向けに開発された商品だそうです。看護師さんはしょっちゅう手を洗うから、確かに手が荒れそうですよね。で、なんと、このリピジュアは、人間だけでなくペットにも使われてるらしいのです。先日、TVで犬や猫の肉球にリピジュア含有商品を塗ると、肉球が保護され、いい状態を保てるという内容だったそうです。そんなことから、この「ハンドローション N」も動物病院に納品され、普通に売られているとのこと。これには、本当に私も驚きましたが、よくよく考えればペットも人間も、単なる陸で生活するほ乳類という動物ですよね。ペットの肉球は、人間の肌の3〜5倍も乾燥しやすい敏感肌なんだそうで、こういう商品が売れるのも納得しちゃいました。

翌日、1本納品され、そのまま私がiDでお買い上げ(笑)。帰宅して、寝る前に早速使ってみました。ハンドローションだけど、手に塗って大丈夫ということは、足や腕に塗っても大丈夫だろうという、自己責任において、あちこち塗ってみました。1プッシュで両足の足首から膝下までうっすら伸ばすことができました。素早く塗り広げ、軽くマッサージするような感じでなじませると、あるところから急に吸い込まれるようにさらっとした感触に変わります。薄いコーティングがされたような感じになりますね。両腕の手首から肘周辺にも1プッシュで十分すぎる量なので、ついでに二の腕のあたりまで伸ばしてちょうどいい感じです。最後に1プッシュで指先・爪の際から手首にまでたっぶりめによくなじませました。

翌朝、目覚めて驚いたことは、腕や足のかゆみが止まってるじゃないですか! 寝ている間に掻きむしらずにすんだようで、掻きむしった赤い部分も色合いが薄くなっていました。まさか、ステロイドでもあるまいし、そこまで効果あるとは信じがたいものの、気のせいでも何でも症状が軽くなり、うれしかったですね。出勤前には1プッシュより少なめの量を両手に塗り、30秒くらいマッサージしてると、本当にさらっとした感触で、携帯やiPodさわっても、指紋が目立たないくらい、さっぱりした使い心地です。水で手を濡らしてもヌルツキはあまりなく、水で洗い流されてしまうのも最小限ですむのか、うるおいは持続しました。紙やビニール袋の取り扱いがらくらくこなせて、仕事もはかどります(笑)。

みなさんも乾燥肌で悩んでいらっしゃるなら、リピジュア配合のものを試してみるといいですよ! 今回ここで紹介した「ハンドローション N」はクリニックや調剤薬局など、中北薬品さんが出入りしているところで手に入れることができると思います。中北薬品さんのサイトでも、製品紹介のところから、商品の紹介がなされていますね。

最後に、上記内容を読めばわかるように、私は中北薬品には勤めておりませんが、いい商品なのでBlogで取り上げてみました。無香料、無着色、無鉱物油、弱酸性、アルコールフリーなのも、気に入ってます! ローション NのNって、中北のNなのかな?

“Lipidure(リピジュア)って、すごいよ!” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です