手ブレしないで撮るって難しい

先日、帝国劇場で行われている、タッキーこと滝沢秀明くんの「新春 滝沢革命」を見て参りました。その際、送られた綺麗な花をSH-01Aで撮影したのはいいのですが、気をつけても手ブレしちゃうのであります。ただ単に技術が足りないだけなのですが・・・。明るくも暗くもない照明なので、ピントが合うまでに時間が結構かかり、手ブレがかなりひどい状態です。失敗例はこちら2つ。

090104-flower-1 090104-flower-2

撮る角度を変え、照明がわりと当たっていると、ピントがスムーズに合うので、手ブレは自分的には許せる範囲で撮影できました。許せる例はこちら。

090104-flower-3

しかし、実物の胡蝶蘭等は綺麗でしたよ! 舞台も、水のカーテンこと、ウォーターピクチャーの技術にも感動ですね! 去年ウォーターピクチャーのことはとあるTV番組で見てすでに知っていたのですが、実際に生で見ると迫力が違います。照明も当たると水がキラキラして、本当に綺麗です。

今月もう1回見に行く予定なので、舞台の感想はその時にでも・・・。

“手ブレしないで撮るって難しい” への2件の返信

  1.  携帯電話でも手ブレが気になるなら「セルフタイマー」が
    かなり効果的です。最近の機種には必ず付いている機能です。
    さらには手だけで持たずに壁などに肘や身体を固定すれば
    ほぼ手ブレは回避できます。

     固定する物が近くに無い時は「頭」に携帯本体をくっつけます。
    こめかみ辺りが良いでしょう。何かに目線を固定していると
    頭は殆ど動かない(一瞬ですが)様です。
    一眼レフのファインダーの覗いた時に頭蓋骨でも支えるのと同じ要領です。
    ファインダー(液晶画面)が見えなくなるので上手く構図を決めて下さい。

     夜景でも結構撮れますのでお勧めです。

    1. アキラっちさん、コメントありがとうございます。なるべく脇を締めてブレないように気をつけてはいるのですが、心臓の拍動とともにブレてしまうようで・・・。たぶん、かえって意識しすぎて力んでしまっているのかもしれません。P905iの場合は手ブレOFFでも大丈夫だったのですが、SH-01Aだとかなりシビアなようです。セルフタイマーはまだ試したことがないので、是非トライしてみたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です