SH-01Bで神奈川ALCを撮ってみた

SH-01Bを購入してから、なかなか外で撮影することが出来ずじまいでした。今朝は雨が止んだばかりで、空に薄明かりが差し込み始め、これから天気は回復するんだろうけど、まだまだどんよりした雲がたくさん・・・みたいな複雑な天候でした。こんな天候だと、どんな感じで撮れるのかなぁ?と思い、人があまりいないのを確認してからパシャリ♪

あれこれ設定を変更して試す時間も余裕も度胸もない(笑)。よって、カメラデフォルトの設定です(顔優先AF、ISOはオート(〜800)、12M、手ぶれ補正OFF、シーン別撮影自動認識、ピクチャーライトオートです)。

まずは1枚目、空のどんよりとした感じはうまく再現できてると思います。空を見る限り暗そうなのに、実際には薄明かりが差し込んでるので、ISOは100で撮影されてます。電柱の広告や神奈川ALCの建物、手前の雑草の斜面を見ると、光が差し込んでるんだなとわかるかと思います。

神奈川ALCをSH-01Bで撮影

続いて、2枚目。う〜ん、白系、赤系、青系がはっきり映る感じですね。もしかして原色系がはっきり写るのかな? 実際の色合いとはちょっと違いますが、黄緑色の再現はSH-01Aより向上している気がします。

神奈川ALCをSH-01Bで撮影

おまけの失敗作である3枚目。朝と同じ設定でパシャリ。でも絶対手ぶれする自信があったので、今回はタッチパネルを長押ししてセルフタイマー(2秒)で息を止めて撮影。思ったよりノイズのってないけど、良くも悪くも微妙なボケ具合(笑)。やっぱり手ぶれしてるからかな?

SH-01Bのセルフタイマー(2秒)で神奈川ALCを撮影

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です