Mac OS X 10.6.6でe-Tax提出完了!

先日からe-Taxで提出できるよう、確定申告書等作成コーナーでデータを作成して保存しておきました。確定申告に必要な最後の書類が届いたので、あらかじめ入力したデータを用いて「作成再開」させ、データを再度念入りに確認して、いざMac OS X 10.6.6でe-Taxで提出にトライ!

Snow Leopard環境では、Safariの情報を見る画面で「32ビットモードで開く」にチェックを入れておかないと、電子申告できないので気をつけて下さい!(データの作成だけであれば、チェックしなくても問題なく作成できます)。Adobe Reader X 10.0.0でもまったく問題ありませんでした。

まぁ、今年はMacでもスムーズに送信できちゃいましたよ! あまりにもあっさり完了しちゃって、ちょっともの足りないくらい(笑)。

作成・提出が終わったら、【e-Tax】国税電子申告・納税システム(イータックス)サイトを必要に応じてアクセルすると、一目でどこに必要な情報があるかわかって便利かと思います。

メッセージボックスの確認で、所得税確定申告の受付が完了というメッセージが届いていました。とりあえず、電子申請等証明書の交付請求を行い(無料)、電子申請等証明書データシートが表示されるので、Safariのプリント機能からPDFで保存し、電子申請等証明書のデータファイルもダウンロードしました。

予定では約3週間後に還付金が指定の銀行口座に振り込まれるはずなので、振り込まれ次第ブログで報告したいと思います。

“Mac OS X 10.6.6でe-Tax提出完了!” への3件の返信

  1. ありがとうございました、送信が出来ず、AF0020-701と云うエラーコードが出てe-taxや所轄税務署に電話したりでした。 NTTのカードリーダーの新しいドライバーをとトライしましたが、さすが大会社NTT、ダウンロードもままなりませんでした。 Safariの32ビットで開くにしてマック再起動、漸く電子申告、完了しました。 あと2週間で78になる耄碌爺には本当にありがたい情報でした。

  2. 🙁 毎年e-Taxの時期になると参考にさせてもらっております。
    今年から収支内訳書を別ファイルで添付する必要がなくなったのは一歩前進だと思います。
    未だMac OS X 1.5.8を使用しておりますが、新しいMacを買った際はSafariを32bitモードで起動する点を注意します。

  3. 本日(2012.01.20)e-Taxのデータ作成を完了して、
    暇だったので皆さんのトラブル情報見ていてこちらに立ち寄りました。
    立ち寄らせていただいて良かった〜〜〜〜!!!

    Safariの32bitモード起動、全く知りませんでした。
    送信前に気づかせていただいて感謝感激です !!!
    知らずに送信始めていたらと思うと寒気がします。

    でも、もう今年は64bit起動でも行けるのかも?
    楽しく試してみます (^^ゞ
    ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です