料理モードはISOが200で固定?

シーン別撮影の「料理」と「標準」ではどう違うのか、再び違うパスタでトライしてみました! 私にとっては定番の、ファミリーマートの三つ星パスタシリーズ「4種のチーズのカルボナーラ」をSH-01Bで撮影です。

シーン別撮影:自動認識(料理)

シーン別撮影:標準

やっぱり料理と認識されるとISOは200になってますね。この200は固定されてる数字なのかなぁ? ISO200だと、右上のフライドチキンの入った紙袋とか、明治プロビオヨーグルトの青いパッケージを見ると、すごくノイジーなのがわかります。それにしても、上にのってるベーコンというかお肉がなんとも青みがかってまずそうに見える・・・。肌色系がどうしても青っぽく写ってしまうのが、SH-01Bなのかもしれません。カルボナーラのソースの黄色や茶色い木目調トレーははいい感じに再現できてるんですけどね。

試しに、真上から自動認識(標準)で撮影してみたけど、やっぱりお肉が青っぽいのが惜しいっ!

パスタのラベルは、今回はAFモードを接写で撮影してみました。あれ、ぶれちゃったみたい。自動認識(標準)で顔優先AFモードでも大差ないのかもしれないですね。よほどじゃなければ、もうシーン別撮影を自動認識、顔優先AFモードのままで問題なさそうな気がしてきました。その方がいちいち切り替えなくていいので、正直楽ですね(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です