EPSON PM-A920壊れた・・・

H18.12.7に我が家にやってきた、EPSONの複合機カラリオPM-A920が壊れてしまいました。宛名ラベルを前面カセットから給紙した際、ラベルが複数枚はがれて給紙・紙送りローラー近辺にベリベリに張り付いてしまいました。横着しないで背面給紙にすればよかった・・・。

ヤマダ電機テックランド横浜戸塚店を撮影してくれたMさんが昨日購入したCanon インクジェット複合機 PIXUS MG6130BK 光でナビする新UI 6色W黒インク 自動両面印刷 前面給紙カセット 有線・無線LAN搭載 ブラック ハイパフォーマンスモデル、こんなのいいなぁ〜なんて思ったから、嫉妬して壊れてしまったのでしょうか?

冗談はさておき、複合機は年々安くなってきているので、今回も修理ではなく新品購入することになるかなぁと思い、Canon インクジェット複合機 PIXUS MG6130BK 光でナビする新UI 6色W黒インク 自動両面印刷 前面給紙カセット 有線・無線LAN搭載 ブラック ハイパフォーマンスモデルEPSON Colorio インクジェット複合機 EP-803A 有線・無線LAN標準搭載 カンタンLEDナビ搭載 前面二段給紙カセット 6色染料インク ブラックモデルのどちらかがいいかも・・と機種を絞り込み、早速仕事帰りにヤマダ電機テックランド横浜戸塚店に行って、現物を見てきました。岡田将生くんか、黒木メイサちゃんか・・・。

  • 給紙については、背面もあるCanonの勝ち。EPSONは前面カセットのみ。
  • 操作パネルが前面にあるEPSONは使いやすい上、角度も変更できる(プリント機能だけなら、上面に軽い荷物を置いたままでもOK)。Canonは操作パネルが上面にあるので、高い場所に設置する人にはちょっと不利かも。
  • インクについては文字印刷するのが多い人は、顔料ブラックが搭載されているCanonの勝ち。でも、PM-A920で使っていた未開封のインクが5色も残っているので、それを使い回せるEPSONのEP-803Aのが無駄が出ない(私の場合に限っては)。そして、Canonは少量インクのみだが、Epsonは従来通りのインクと少量インクとを選べるようになった。また、インク交換は、100倍EPSONのが行いやすい。
  • スキャナー機能は、解像度を考えれば明らかにCanonの勝ち。しかし、本体操作のみでコピーするファミリーコピー機として使う程度なら大差はなさそう。
  • 設置寸法は、本体の奥行きがCanonのが長く、EPSONのがコンパクト。高さにおいても同じく。電源ケーブルの取り回しについては設置場所にもよるので、これはなんともいえない。

う〜ん、顔料ブラックとスキャナー機能と背面給紙でCanonが優勢か・・・。しかし、デザイン的にはコンパクトかつシンプルで凸凹の少ないEPSONが個人的には好き・・・。

ヤマダ電機の店員さんにもあれこれ質問をぶつけてみたけど、期待するような回答は得られず、カタログだけもらってとりあえず帰宅しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です