Endless SHOCK

堂本光一主演のEndless SHOCK、2・3月公演は見に行けなかったのですが、7月公演を見てきました! まずは恒例の胡蝶蘭から。SH-01Bのカメラデフォルト状態で撮影。1枚目はなぜか人物シーンと自動認識されちゃったようです。左サイドの方から撮った方はシーンは標準になってます。

昨年見に行ったSHOCKから、いろいろ進化を遂げていました。特に今年は照明と衣装の気合いの入り方が凄いです! 座長はもちろんですが、周りを固めるみなさんの衣装もきらびやかになってました。SHOCK10周年記念だからというのもあると思いますが、どこまで進化していくのでしょうか?

個人的に大好きだった「Love and Loneliness」に代わり、新曲「Solitary」も凄くよかったです! まずはなんと言っても綺麗な衣装が目を奪います。激しい中にも華麗かつ繊細なダンスがふんだんに取り入れられ、役柄のコウイチではなく、堂本光一ならではという作品に仕上がっています。ジャケットプレイもあるのですが、衣装の内側の綺麗さも相まって、今までになかった大人の色気を感じさせるものになっています。とにかく新曲「最高!」という言葉しか見つかりません(笑)。あまりにも見入ってしまったせいか、どんな曲でどんな歌詞だったのか、よく覚えていません。それくらい、素晴らしいダンスだったということです! 来年のSHOCKまで「Solitary」が見れないなんて、悲しすぎます。8/18(水)にNHK夏期特集で放送される「堂本光一とSHOCKの10年(仮)」で、是非ともオンエアしていただきたいと願うばかりです。

今まで何度も見てきたハラハラドキドキの階段落ちですが、私が見てきた中では、一番綺麗に転がり落ちていると感じました。階段落ちも微妙に進化しているのかもしれません。

2幕最初の「In the Cemetary」の衣装もキラキラしているものになりました。前のヒラヒラしている方がホラーっぽくてよかったかもしれませんが、やはりキラキラしている方が豪華で見てて綺麗ですね。

「夜の海」の衣装も大幅に変更されていました。赤基調なのは変わりないのですが、中の直接身にまとっている赤いキラキラ加減とか、金の巻いてる布とか、透明感ときらめきのある赤い羽織もの。それはそれは今までとは違った美しさに満ちています。

10周年記念のDVDをぜひ発売して下さい! 発売されるなら、絶対購入決定です!

内博貴くん、すごく頑張っていました。本当に手足が長くスタイルいいのですが、踊っているときの姿勢が微妙に猫背のように見えてしまい、かなり損しているんじゃないかと思います。

佐藤めぐみちゃんは、再演だけあって、かなり自然体な感じで演じており、好印象ですね!

座長、頬も体もかなりやせ細ってますが、身も心もパワフル全開! ケガせず千秋楽まで無事走り続けて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です