エネループにしてみました

家族用に購入したBluetoothマウスのM555bの電池がとうとう切れました。残量がゼロ表示になってから5日間も使い続けることが出来て、ちょっとビックリしています。約3ヶ月近く付属の乾電池で使うことが出来ました。

交換する電池は結局エネループにしてみました。SANYO NEW eneloop 急速充電器セット(単3形4個セット) N-TGR01ASSANYO eneloop lite 充電式ニッケル水素電池(単3形2個パック) [HR-3UQ-2BP]をあらかじめ購入しておきました。LOGICOOL ワイヤレス レーザー式 2ボタン  M555bがすごく重く感じるので、少しでも軽くするためにエネループライトがいいかなと思ったのですが、実際にM555bを使っている家族は全然重くないというので、結局1500回充電できるタイプの普通のエネループを2本入れてみました。Logicool Control Centerで電池の残量をチェックしたら、30%で残り30日という表示! 乾電池に比べると、こんなに違うものなのでしょうか? まぁ、交換用の予備もあるし、寝ている間や、TVを見ているときなどにちょこっと急速充電すれば何ら問題ないわけですが・・・。とりあえず、しょっちゅう電池を捨てるという面倒な作業から解放されることになるし、ゴミが増えないということでもエコなわけで、結果オーライなのかな?

今回もSH-01Bの接写で撮影。エネループライトの水色がなんとなく好きだなぁ♪

“エネループにしてみました” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です