SH-01BからF-01Cへ、おサイフケータイを移行する

F-01C購入を終え、その場でDOCOPY(ドコピー)でデータ移行をすることにしました。DOCOPYでICデータを初期化したことはあるけれど、データ移行をするのは初めてだったのですが、ドコモショップの店員さんがすべて行って下さいました。

あらかじめ、絶対うまく移行できないとわかっていた「モバイルSuicaアプリ」はドコモショップに到着して順番待ちの間に、機種変更手続きでデータをサーバに預けて、さくっとアプリ自体を削除。Edyも前日のうちに全額使い果たして、登録情報を削除してから、アプリを削除。

アプリのICカード一覧でリストされて、実際に利用しているのはこちら。

  • Tポイントアプリ
  • iD設定アプリ
  • N三菱東京UFJダイレクト
  • ANAモバイルAMCアプリ
  • DCMXクレジットアプリ
  • マクドナルドトクするアプリ
  • ヨドバシゴールドポイントカード

店員さん曰く、「これならうまく移行できるかも?」とのことで、DOCOPYではあらかじめ確認作業をせず、一気にデータの移行を行いました。途中で、Tポイントと三菱東京UFJのが移行できないと表示されましたが、そのまま続行。どれくらい時間がかかったのかわからないけれど(約10分くらい?)、一応無事移行は完了しました。

続いて、ブックマークなどのその他の項目も移行させました。撮影した画像はすべてmicroSDにコピーして、本体内は空にしておきました。受信したメールは消さずにそのままだったので、2,000件以上ありました。かれこれ約20分弱で、すんなり移行完了。

ドコモショップを出て、のそのそ歩きながら、モバイルSuica登録用iアプリを起動し、モバイルSuicaアプリをダウンロード。フォーマット作業を行いつつバス停へ向かい、そのまま機種変更で預けてあったデータをダウンロードするためにログイン。約1分強で、無事モバイルSuicaが使える状態になったので、そのまま来ていたバスに乗り込みました。すごいタイミング(笑)。

帰宅してから、ICカードのアプリを確認。ANAとヨドバシがだぶって表示されてるけど、念のため古い名称の方をクリックしてすすめていくと、きちんとデータが表示されて一安心! Tポイントと三菱東京UFJのも、普通にダウンロードして設定して終わり。思っていたよりあっけなく、おサイフケータイのデータを移行することが出来ました。F-01Cは順調ですが、なにやらSH-01Cへはデータの移行でつまずいている人が多いとか、なんとか・・・。

今後は、ひとりできちんとDOCOPYでおサイフケータイを移行させる自信が付きました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です