VMware Fusion 4.0.1とParallels Desktop 7.0の比較

数日前、VMware Fusion 4.0.1とParallels Desktop 7.0 英語版をどちらも本家サイトで入手しました! 今は円高なので、かなりお得に購入できました。VMware Fusionは以前からマルチリンガルになっていましたが、とうとうParallels Desktopも7.0からマルチリンガル対応になってます。高い日本語版を買う必要性は正直皆無となりました。

前回に引き続き、旧バージョンはしっかりアンインストールしてから最新版をインストールしました。Windows エクスペリエンス インデックスがどうなったかお伝えします。

まずは、VMware Fusion 4.0.1でWindows 7 Home Premium SP1のx86を新規インストール。HDは60GB、メモリ2048MB、2個のプロセッサ、VRAMは256MBとしました。Windows Updateは全部あてて、VMware Toolsをインストールした状態です。

プロセッサ:Intel(R) Xeon(R) CPU E5462 @ 2.80GHz:6.3
メモリ (RAM):2.00 GB:5.5
グラフィックス:VMware SVGA 3D (Microsoft Corporation – WDDM):5.9
ゲーム用グラフィックス:1596 MB の 利用可能な総グラフィックス メモリ:5.3
プライマリ ハード ディスク:空き 50GB (合計 60GB):6.9

 

続いて、Parallels Desktop 7.0でWindows 7 Home Premium SP1のx86を新規インストール。HDは60GB、メモリ2048MB、2個のプロセッサ、VRAMは256MBとしました。Windows Updateは全部あてて、Parallels Toolsをインストールした状態です。

プロセッサ:Intel(R) Xeon(R) CPU E5462 @ 2.80GHz:6.3
メモリ (RAM):2.00 GB:5.5
グラフィックス:Parallels Display Adapter (WDDM):5.7
ゲーム用グラフィックス:512 MB の 利用可能な総グラフィックス メモリ:5.2
プライマリ ハード ディスク:空き 48GB (合計 60GB):6.8

 

今回はBoot Campは使っていないので、代わりにx64でメモリを4096MBにして試してみることにしました。

VMware Fusion 4.0.1でWindows 7 Home Premium SP1のx64を新規インストール。HDは60GB、メモリ4096MB、2個のプロセッサ、VRAMは256MBとしました。Windows Updateは全部あてて、VMware Toolsをインストールした状態です。

プロセッサ:Intel(R) Xeon(R) CPU E5462 @ 2.80GHz:6.2
メモリ (RAM):4.00 GB:7.1
グラフィックス:VMware SVGA 3D (Microsoft Corporation – WDDM):5.9
ゲーム用グラフィックス:1596 MB の 利用可能な総グラフィックス メモリ:5.3
プライマリ ハード ディスク:空き 45GB (合計 60GB):6.7

 

続いて、Parallels Desktop 7.0でWindows 7 Home Premium SP1のx64を新規インストール。HDは60GB、メモリ4096MB、2個のプロセッサ、VRAMは256MBとしました。Windows Updateは全部あてて、Parallels Toolsをインストールした状態です。

プロセッサ:Intel(R) Xeon(R) CPU E5462 @ 2.80GHz:6.2
メモリ (RAM):4.00 GB:7.0
グラフィックス:Parallels Display Adapter (WDDM):5.8
ゲーム用グラフィックス:512 MB の 利用可能な総グラフィックス メモリ:5.1
プライマリ ハード ディスク:空き 42GB (合計 60GB):6.6

 

両者大差はない結果となりましたが、Windows エクスペリエンス インデックスを測定する際、Parallels Desktop 7.0 + x64の組み合わせはエラーが頻繁に出て、何度もトライしてやっと測定結果を出すことができました。

カテゴリーMac

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です