LeopardにMacPortsをインストール

昨日の続き。Mac OS X 10.5.4 に標準でインストール済みのApache 2.2.8やPHP 5.2.6、Xcode 3.0(Developer Tools)が利用できている状態として話を進めていきます(こちらを参考に)。

いろんなライブラリを全部自前でビルドしてインストールするのは大変すぎるので、ここはかの有名なMacPortsとやらを利用することにします。Leopard用のパッケージ(2008.9.9現在:MacPorts-1.6.0-10.5-Leopard.dmg)があるので、これをダウンロードしてインストールします。インストールが完了したら、/opt/local以下にパスを通すため、ホームディレクトリ上の「.bashrc」に下記を追加します(「.bashrc」がない場合は新規作成します)。Jedit X Rev.2を用いると、ピリオドで始まる隠しファイルの編集もスイスイできるのでおすすめです。

export PATH=/opt/local/bin:/opt/local/sbin/:$PATH
export MANPATH=/opt/local/man:$MANPATH

また、bash起動時に「.bashrc」を読み込むため「.bash_profile」を作成し、下記のように書き込みます(「.bash_profile」がない場合は新規作成します)。

if [ -f ~/.bashrc ]; then
. ~/.bashrc
fi

MacPortsの更新を行います。

$ sudo port -d selfupdate
$ sudo port -d sync

MacPortsのパッケージ管理をGUIで利用するなら、Porticusがあると便利です。パッケージの公式サイトとか、依存関係とか簡単に調べられますし、インストール済みのものもリストアップ出来たりして、かなり重宝しています。もちろん、Install・Uninstall、Update、Activate・Deactiveもワンクリックで可能です。

参考:Mac OS X(Leopard)のローカルにWordpressをインストールしたときのメモ

“LeopardにMacPortsをインストール” への2件の返信

  1. ピンバック: OSX10.6.5にImageMagicをインストール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です