LeopardにMySQLをインストール

昨日の続き。MySQLの安定最新版5.0.67をMacPortsを使ってインストールします。MacPortsに慣れる意味合いも含め、MySQL用にライブラリOpenSSLをインストールしてみます。OpenSSLと依存関係のzlibは自動的にインストールされます。Porticusでもインストール可能です。

$ sudo port install openssl

MySQLをインストールします。Macを起動したときに、自動でMySQLサーバも起動するように、「+server」を付加します。インストールにはしばらく時間がかかります。Porticusでもインストール可能です。

$ sudo port install mysql5 +server

インストールが完了したら、DBを初期化します。

$ sudo mysql_install_db5

DBのパーミッションを設定します。

$ sudo chown -R mysql /opt/local/var/db/mysql5/
$ sudo chgrp -R mysql /opt/local/var/db/mysql5/

my-small.cnfからmy.cnfをコピーして作成します。

$ sudo cp /opt/local/share/mysql5/mysql/my-small.cnf /opt/local/etc/mysql5/my.cnf

Pseudo経由で起動したJedit Xでmy.cnfを開き、[mysqld]に下記を追記します。

default-character-set = utf8
default-storage-engine = innodb

MySQLサーバを起動します。

$ sudo mysqld_safe5

rootユーザーのパスワードを設定します(赤字部分を自分で決めたものに置き換えてください)。

$ sudo mysqladmin5 -u root password 'password'

ログインのテストをします。

mysql5 -u root -p

成功すれば、青字のように表記されるので、exitします。

Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 1
Server version: 5.0.67 Source distribution

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the buffer.

mysql> exit

MySQLサーバの自動起動を設定します。

$ sudo launchctl load -w /Library/LaunchDaemons/org.macports.mysql5.plist

参考:OS X Leopard My Setting (MacPorts)
参考:OS X Leopard My Setting (MySQL)

“LeopardにMySQLをインストール” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です