再びPLAYZONE 2010を見てきました!

前回は2階席からでしたが、今回は1階前列での観劇! 久しぶりに肉眼でじっくり見ることができ、本当にラッキーでした! 双眼鏡越しで見るのとは違い、本当に舞台の上に立つ一人一人がキラキラ輝いて見えました。衣装のキラキラ具合はもちろんだけど、ターンするときに飛び散る汗とか、ステップの生音とかまで聞こえてきちゃいます。中でもビックリしたのは、照明の当たり具合にもよりますが、手相の生命線・頭脳線・感情線まではっきり見えたこと! 翼の手に比べると、屋良くんの手のひらは小ぶりでうっすらピンク色でした。

う〜ん、翼のダンスは好きなんだけど、今回のPLAYZONEでは屋良くんのダンスの方が見てて気持ちいい。これが、正直な感想です。翼にはWorld’s Wing Premiumのような舞台なりライブで、バリバリ踊りまくる姿を堪能したいかも・・・。せっかく近距離で舞台を見れたのに、違った意味で不完全燃焼になってしまいました。

今回は、公演終了後にSH-01Bでパシャリ♪ 下2枚は照明の関係かピンボケ極まりないので、縮小バージョンのみで(笑)。

“再びPLAYZONE 2010を見てきました!” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です